緊急事態宣言に伴う施設の利用について

投稿日:2021年08月02日

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、8月2日から31日まで緊急事態宣言が発令されました。東青少年自然の家の利用については、利用人数の制限の他は、貸し出し中止などの措置はありません。新型コロナウイルと感染防止対応を利用される団体及び参加者各自が十分な自覚をもち、ご利用ください。利用人数の制限ですが、同一時間帯内での利用人数は75人を目安としています。1団体で75人利用されている場合は、他の団体の利用はできません。また、宿泊も75人が上限です。詳しくは、お問い合わせください。異常な感染者数となっています。8月半ば以降の感染者数の増加がなお心配されます。施設としてはご利用いただくことは有難いことですが、みなさまの健康を考慮すると、非常事態宣言の期間のご利用は、よくお考えいただきたいと思います。とくに、宿泊利用については、心配の限りです。

前のページに戻る